ベイザーで脂肪吸引をしよう|超音波を使用した施術方法

婦人

脂肪注入でバストアップ

医師

少量ずつ丁寧に注入

脂肪注入は心斎橋の美容外科でも人気メニューのひとつになっています。バストアップにはシリコンバッグやヒアルロン酸を注入する方法もありますが、自分自身の脂肪なら定着率が高く、見た目も感触も最も自然な仕上がりになります。また目の下のくまやたるみ、こけた頬、引っ込んだ顎のラインを改善するにも脂肪注入が効果的です。お腹や太ももから脂肪を吸引すれば、同時に部分痩せをすることも可能です。経験の浅いドクターが施術を行なった場合、一度に大量の脂肪を注入してしまい、しこりが残ることがあるので注意が必要です。心斎橋の美容外科では何十回にも分けて、少量ずつ脂肪を注入することが原則なので、このようなトラブルの心配はほとんどありません。

定着率を向上させる

吸引した脂肪をそのまま注入しただけでは、定着率が低くなってしまいます。異物や老化した細胞を取り除き、若く純粋な脂肪細胞だけを注入すれば、定着率が上がりしこりが残りにくくなります。こうした方法で安全性を高めている美容外科も心斎橋にはあります。さらに定着率を向上させるため、最近では再生医療の技術を応用し、自身の脂肪細胞に成長因子を加えて注入する施術も実施されています。こうした先端技術が今後も積極的に導入されていくと予測されます。他の方法で十分な効果が得られなかった場合に、心斎橋の美容外科で再施術を受ける方も少なくありません。脂肪注入以外にも豊富な選択肢があるので、まずはドクターに相談してみることをお勧めします。